本当に無料?借金減額シミュレーター体験談をブログで公開【面談不要】

借金返済ブログ
スポンサーリンク
さとる
さとる

借金減額のシミュレーションが無料でできるサイトがあるみたいだけど、実際のところどうなんだろう?

 

 

借金をしていて毎月の支払いが厳しい!

返しても返しても利息に取られて元本が減らない!

なんとか借金を減らす方法はないかな?

 

そう思って調べると無料の借金減額シミュレーターに誘導する記事を発見。

借金をしていて借金の返済について調べたことがある方はネットの広告で無料の借金減額シミュレーションをおススメしてくる広告を少なからず目にしたことがあるんじゃないでしょうか。

ただ

本当に無料なのか?

借金を減らすことなんかできるのか?

信用できるのか?

そう考えだすといくら無料とはいえシミュレーションをするのをちゅうちょしてしまうものです。

 

そこで今回は、

毎月の借金返済が苦しい。

借金減額シミュレーションをしてみたいけどちょっと不安。

という方に向けて、以前借金減額シミュレーションで自分の借金がいくら減るのか調べてみたぼくの体験談をメリットデメリット含めお伝えします。

 

借金減額シミュレーションとは?

借金減額シミュレーションは今ある自分の借金を法律家の手を借りて合法的に減額できるかどうか診断するためのツールです。

借金減額シミュレーションをサイト等で提供しているのは弁護士や司法書士などの法律事務所で、多くの場合はシミュレーションを実行した人に対してメールや電話等でより細かな借金状況、返済状況をヒアリングし法律家の視点から借金がいくら減るのか?
借金減額をする場合どんな選択肢があるのかを教えてもらえます。

一部、シミュレーションでは借り入れ金融機関の数や借り入れ年数、大まかな借り入れ額だけ入力すると大体の減額金額を提示するような簡易的なシミュレーターもありますが、正直あまりおススメできません。

理由は、借金や返済の状況は人それぞれ全く異なるからです。

電話やメールで直接やり取りするのはめんどくさいと思ってしまう気持ちもわかりますが、よりご自身にあった正確な減額金額を教えてもらう為には詳細な情報が提供できるように一度は直接的なやり取りをする必要があります。

また、本当に無料でシミュレーションができるのか?

というところですが、シミュレーション自体は無料でできます。

料金が発生するのは実際に弁護士や司法書士に借金減額の依頼をしたところからになりますので、シミュレーションやその後の相談で料金が発生することはありません。

 

さっそくシミュレーションしてみる。

借金減額の方法は?

では、無料のシミュレーションをして実際に提案される借金減額の方法はどう言ったものなのでしょうか?

基本的には法律家の手によって行われる【債務整理】を提案されます。

債務整理と聞くと家や車まで差し押さえされて一家離散なんていうドラマでよくみる自己破産を想像する方も多いかと思いますが実際には大まかに分けて3つの種類があります。

日常生活への影響が多いものから順に

 

自己破産

個人再生

任意整理

 

となります。

債務整理についてはこちらの記事で詳しく解説していますので詳しく知りたい方はみてみてください。
⬇️
▶️【債務整理】自己破産だけだと思っていませんか?借金を減らす3つの方法

 

この3つを簡単に説明すると

【自己破産】
メリット
裁判所を通した法的な手続きにより、今ある借金がチャラになる。

デメリット
実行すると一定期間就けない職業がある。
官報に載るため会社や家族にバレる可能性がある。
強制的に財産は処分されてしまうのでマイホームやマイカーは手放さなくてはいけない。等

【個人再生】
メリット
財産の処分が強制ではない。
職業や職種の制限を受けない。
法的な拘束力がある。

デメリット
官報に載る。
ブラックリストに載る。
自己破産よりも手続き要件が厳しい為、利用できない可能性がある。

【任意整理】
メリット
裁判外の手続きのため、自己破産や個人再生のような制限がない。
官報にも載らない。
住宅や車など財産の処分を必要としない。

デメリット
ブラックリストに載る。
法的な拘束力がない分債権者に対する和解の強制力がない。

 

それぞれメリット・デメリットがありますが、債務整理は自己破産だけではないということを知っておきましょう。

 

借金減額シミュレーション体験談

実際に借金減額シミュレーションをしたぼくがシミュレーションから相談までの流れといくらの減額結果が出てどんな減額方法を提案されたのかをお伝えします。

 

【体験談】

ぼくは現状で借金が2,000万円を超えています。

内訳は住宅ローンが1,600万円

その他リボや消費者金融の借金が500万円となります。

住宅ローンと車のローンを除く月々の支払額は69,000円となります。

 

以上の内容で実際に借金減額シミュレーションをしてみました。

 

実際にこちらの記事から借金減額シミュレーションを受けられます
⬇️
▶️【無料診断】借金減額シミュレーションであなたの借金はいくら減る?

 

 

いくつかの質問事項に回答の後、最後に名前や電話番号、メールアドレスなどを記入するページが出てきました。

しばらくするとこのように詳しい相談と診断結果を聞くため、担当から連絡が取れる日時の問い合わせがSMSで届きました。

自分の借金がいくら減るのかをできるだけ詳細に知っておいた方が、後々ご自身の為にもなるのでできれば電話で詳しく自身の借金の現状であったり生活状況などをお伝えできればいいのですが、どうしても電話はいやだ。仕事がいそがしすぎて電話するヒマもないという人はここで、メールでのやり取りが可能かを問い合わせてみましょう。

 

そして指定した日時、担当より入電があり、ここでは借金の現状を詳細に聞かれました。

 

何社からの借入があるのか?

どこの金融機関からの借入か?

どこにいくらの残金があるのか?

毎月どこにいくらの支払いをしているか?

 

などを聞かれました。

なので、できればご自身の借金状況については事前に把握しておきましょう。

 

そして質問の後その場で、

 

どこからの借入が減額対象になるのか。

自分にはどう言った手続きが有効か。

いくらの減額が可能なのか。

その後の手続きの方法はどうか。

 

などを丁寧に教えていただけました。

 

具体的にぼくの場合は。

 

  1. 家が持ち家のため、現状ギリギリでも支払いが滞っていないのであれば自己破産はお勧めできない。
  2. 現状では任意整理が一番現実的。
  3. モビットからの借入は1年未満のため、利息カットの交渉が難しい。
  4. 住宅ローンに関わる部分と車のローンを抜いた月々69,000円 ある借金の支払いについてそれぞれの金融機関と交渉の上、金利をカットし月々28,000円を減額。任意整理後は月々41,000円の元本を返済し4年後には完済する。

 

この方向性で交渉が可能という提案を受けました。

 

つまり、住宅ローン・車のローン・モビット以外の消費者金融やクレジットカードのリボなどの借金について金利を全てカットすることができ、その後は元本のみの返済になるため月々41,000円返済をすればダイレクトに借金の残額から41,000円が毎月引かれていくことになります。

月々の返済額のうち半分近くを利息にとられ、いつ終わるとも知れない返済を続けている状況から考えるとかなり毎月の返済も楽になりますし、終わりが見えているので精神的にも余裕が生まれます。

 

続いて、もしこの任意整理を実行に移すとなるとどう言った手続きになるのかを教えてもらいました。

ざっくりとした流れは

 

司法書士と面談
⬇️
それぞれの金融機関との交渉に約7ヶ月
(この交渉期間の間は金融機関への返済はストップします。)
⬇️
7ヶ月後からは元本のみの返済を借金完済まで続けていく

 

となります。

 

ちなみに、今回の場合の任意整理に当たっての司法書士への報酬ですがぼくが提案された限りでは、交渉期間の7ヶ月の間に毎月55,000円を払い7ヶ月目で報酬の支払いは終了する。というものでした。

交渉期間は消費者金融党への支払いはとまっているので、現状の毎月の支払い69,000円よりは少ない支払いになるというわけです。そして8ヶ月目以降は元本の41,000円の支払いになるため、任意整理の手続きに入れば今より月々の負担が増えることはなくなるというわけです。

また、借金減額の相談をしたからといって必ず債務整理をしなければいけないということはありませんで、情報集めと思って気軽に相談してみましょう。

※今回はぼく自身の事例のため、司法書士への報酬などはその人それぞれで変わります。

借金減額シミュレーションをするメリット・デメリット

ここまで、

借金減額シミュレーションがどんな物なのか?

実際の手続きはどうなのか?

というところを解説してきました。

ここで借金減額シミュレーションをするメリットとデメリットについて改めてまとめてみます。

メリット

・診断自体は無料で対面での面談の必要がなくスマホでいつでも相談できる。

・自分の借金がいくら減るのかがわかるのでその後の借金返済の目標がたてやすくなる。

・実際に債務整理をしないまでも自分の借金がいくら減るのかがわかると精神的に楽になる。

 

デメリット

・ネット上で結果がみられる訳ではない。

・電話での相談の場合は時間がとられる。(30分ほど)

・着手後のデメリットとしては実際に任意整理に着手した場合に相手方との交渉の結果必ずしも診断の結果が100%反映されるとは限らない。(特に借入先が金融機関ではない場合は交渉が難航する場合も…)

 

と言ったところでしょうか。

 

このデメリットが理解できている方であれば借金減額シミュレーションをして自分の借金がいくら減るのかを知っていることはメリットしかありません。

実際にシミュレーションしてみる

 

借金減額をするべきかどうかの判断基準は?

さとる
さとる

借金減額シミュレーションをしてみたはいいんだけど、やっぱり実際に債務整理を実行に移すとなると悩んじゃうな。

 

という方もいるかと思います。

どういう人であれば借金減額の債務整理を実行に移すべきなのか、いくつか例を挙げてみます。

・借金の金額の大小は関係なしに毎月の支払いがきついと感じている方。

・月々の返済が支払日にできず遅れてしまっている方。

・何年も支払いを続けており、今後5年以内に完済の目処が立てられない方。

・以上の内、今後5年、場合によっては10年間ほどはクレジットカードを作れない、ローンを組めない可能性が高いという条件がのめる方。

 

以上の方はこれ以上状況がひどくなる前に債務整理で借金を減らし将来の見通しを付けられるといいかと思います。

 

法テラスという選択肢もある。

最後に一つ。

借金減額シミュレーションをして自分の借金がいくら減るのかを知ることができた方には選択肢として持っておいていただきたい情報があります。

それは、法テラスを利用するという選択肢です。

 

法テラス(日本司法支援センター)とは

国によって設立された法的トラブル解決のための『総合案内所』です。

様々な法的なトラブルの相談に乗ってくれる機関なのですが、債務整理の場合にも相談をすることができます。

国によって設立されたこの法テラスを利用することによって債務整理を実行に移した場合にかかる弁護士や司法書士に支払う報酬を大幅に抑えることができるんです。

一度ご自身で借金減額シミュレーションを試した後、すぐにその法律事務所に債務整理の着手をお願いするのではなく、法テラスが利用できないかどうかも選択肢として検討してみましょう。

ただし、法テラスを利用する為には収入の基準や資産の基準など一定の条件があり、審査にも時間がかかると言われています。

下記に法テラスのホームページを記載しておきますので、検討される方はご自身で確認をお願いいたします。

▶️法テラス公式ホームページ

 

 

まとめ

以上、今回はネット上でよく目にする借金減額シミュレーターで実際に自分の借金がいくら減るのか。ぼくの体験談をまじえまとめてみました。

全体を通して言えることは、借金で悩んでいるくらいならまずはシミュレーションをして自分の借金が本当に減らせるんだ!という安心材料を手に入れましょう。

ということです。

情報を持っていることは武器になります。

実際には債務整理をしないにしても、精神的な負担は軽くなるはずです。

ちなみに、ぼくは相談後現在までいまだに債務整理には着手していません。

今後の借金完済を目指す上での選択肢の一つとして残してあります。

 

▶️借金減額シミュレーションについて詳しくみてみる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました