【原因はキャバクラ】20代で借金2000万円を背負った男の体験談ブログ【実話】

借金返済ブログ
スポンサーリンク
さとる
さとる

現在の借金総額が2000万円を超え、

日々借金返済にほん走する当ブログ管理人のさとるです。

借金があるなんてなかなか人に言える話じゃないですよね。

そう誰しもが思うように、他人の借金体験を聞く機会も多くはないとおもいます。

でも、世の中には公にはしていなくても借金で苦しんでいる人が少なからずいるのも事実です。

人の振り見て我が振り直せではないですが、他人の借金体験談を聞くことにより、もしかしたらなにか得られるものがあるかもしれません。

そんなことを思いつつ今回は僕のリアルな借金体験談をお話ししていきます!

 

今ある借金がいくら減額できるのか無料で診断してみる▽

4つの質問に答えるだけで簡単! 

2分で完了!匿名OK!

20代で借金2000万円を背負った理由

なぜぼくが2000万円を超える借金を背負うことになったのか?

 

きっかけは…

 

キャバクラです。

 

キャバクラに給料を全額つぎ込む

ぼくは24歳の時結婚を機に初めて就職をしました。

不動産売買の営業マンです。

いろいろなところに面接にいきましたがことごとく落ち続け、最終的に即決で採用を決めてくれたのがこの不動産会社でした。

給料は固定で25万円。更に契約を取ってこられれば歩合として何%かがプラスされるという雇用契約、、、のはずでした。

しかし、

いざ実際に働いてみると、この会社には2つの雇用形態があることがわかりました。

 

一つは最初に説明を受けた固定給プラス歩合の雇用形態。

もう一つは完全歩合で個人事業主として働く雇用形態。

つまり固定給が全くなく、契約を取ってきた手数料の一部が歩合として受け取れるという雇用形態です。

当然のことながらぼくは最初に説明を受けていた固定給ありの雇用形態で働けるものと思っていました。

でも実際には固定給は3ヶ月で打ち切られてしまったんです。

当時の店長いわく、

『固定給のシステムはあるがこの店舗ではみんな完全歩合で働いている。だから君もそうしなさい』とのこと。

転職も考えましたが、あの落ち続けた面接の日々を思い返すとやめる勇気もありません。

そうこうしているうちに入社4ヶ月目で転機が訪れます。

 

たまたま家が1軒売れたんです。

すると幸運なことに、とんとん拍子に家が売れ始めぼくの最高月収は100万円を超える月も出始めました。

 

ただしそこは完全歩合。

売れない月は給与明細が白紙で渡されます。

とはいえ、今までフリーターで大した給料を受け取ったことのない20代半ばの男が100万円もの大金を受け取れるようになるとどうなるか。

 

完全に金銭感覚が麻痺してしまいます。

 

そんな時、先輩に連れられ初めて行ったのがキャバクラでした。

 

最初こそあまり楽しいとは思えなかったのですが、何度か通ううちにお店の女の子とも仲良くなり、いつしか常連客となりました。

キャバクラにハマってしまったんです。

行くたびに5万、10万の支払いをしていました。

それも月に1、2度ではありません。

週に1、2回は通っていました。

その度に何万ものお金を支払うわけです。

周りの先輩たちは羽振りもよく、たまたま何軒か契約が取れただけのぼくも調子にノリそれに合わせてしまっていたんです。

当時ぼくは自分で稼いだお金の額を妻には伝えておらず、給料のほぼ全てをキャバクラに突っ込んでいました。

生活費は妻の給料でなんとかまかなっていましたが、そんな生活も長くは続きません。

完全歩合のため契約が取れない月は給料がゼロ

契約が取れない月が2ヶ月続く時もありました。

 

それでもぼくは止まりません。

キャバクラに通い続けました。

この頃妻によく言っていた口グセが、

『金なんてまた稼げばいいんだよ』です。

完全に勘違いしていました。

当初からキャッシュではなくクレジットカードで支払いをしていたのですが、とうとうその支払いができない月が出てきてしまったんです。

資金ショートです。

どうしようもなくなり、この時初めて妻に状況を打ち明けました。

そして、妻が大切にしていたロレックスの腕時計を質屋に持ち込むことによってなんとかこの急場を凌ぎました。

 

この時すでに妻のお腹には長女がいました。

 

最低です。

 

ただ、この時の妻の行動は今でも忘れられません。

 

『あなたが家計を全て管理しなさい』と家計簿を渡し、お金で失敗したぼくに家計を全て任せたんです。

 

当時のぼくには罵詈雑言を浴びせられるよりも効きました。

 

そしてしばらくの後、ぼくは家を買います。

元々、子どもができたら買いたいというのもあったのですが、今までのおこないの反省・妻への謝罪の意味もありました。

 

26歳、2000万円の買い物です。

もちろん余裕資金なんてないので全てローン

ここで初めてぼくは借金を背負うことになったわけです。

 

でもこれだけでは終わりません。

実はこの後に大きな落とし穴が待っていました。

税金滞納

家を買った半年後ぼくは転職をしました。

 

子供も生まれたし、家も買ったので安定した職業に就こうとの思いから固定給のある不動産会社に席を移したんです。

しかし、その会社も3ヶ月ほどでやめてしまいました。

完全歩合の時は個人事業主という形で比較的自由な仕事ができたのですが、固定給の会社に入った途端、会社の方針に100%従わなくてはいけなくなり、窮屈さを感じてのことでした。

通常の感覚では普通のことかもしれませんが、個人事業主としてしか働いたことがないぼくとしては、今までのやり方を会社のやり方に改めるのが辛くてしようがありませんでした。

その後、再び別の不動産会社に転職をした頃、税金の支払いがやってきました。

最初に入った不動産会社は完全歩合の個人事業主扱いであったため、毎年確定申告をしていました。

前年の年収が500万円以上あったのですがキャバクラでの散財で手元に資金がなく、さらに転職を繰り返したことによって収入が大幅に落ちていたぼくには前年度の年収分の税金を支払う余裕がありません。

仕方なく税金に関しては見て見ぬ振り。

この頃から税金の滞納をし始めてしまったんです。

役所からは再三督促の封書や電話がきていたのですが、ない袖は振れないと完全にムシ

そうして税金を滞納し続けること1年、とうとう運命の時を迎えることになります。

 

そして差し押さえ

29歳、ぼくは3度目の転職をして不動産の営業マンから保険の営業マンになっていました。

保険会社に転職して1年がたった頃です。

突如会社から呼び出しを受けました。
役所から、給与口座差し押さえの件で連絡が入ったとのこと。
再三の督促や役所からの呼び出しをムシし続けてきたツケがとうとう回ってきたんです。
ここにきてやっと焦りました。
すぐに役所に飛んで行き、担当の方と面談をしました。
このままでは、給与口座ももちろん家の差し押さえにも着手するとのこと。
もちろん今まで対応をしてこなかった自分が悪いのですが、家を取られたらたまりません。
そこでまず、現状で払えるお金がないことを必死に訴えました。
おそらくこんな奴は沢山いるのでしょう。
相手の担当も慣れたもので、ある条件を出してきました。
その条件とは、
『現状滞納している税金約80万円を1年以内に分割で返済する』

 

1ヶ月に直すと約6万6千円
正直きつい。
でもこの条件を飲まないわけには行きません。
保険会社は金融関係なので、お金に関するトラブルには特に厳しいんです。
会社からは、
役所の指示に従い滞納している状況を改善しなければ会社に置いておくことはできない。
と言われていました。
払えなければ、家も仕事も無くしてしまいます。
この頃ぼくには3人目の子供が生まれていました。
家も仕事も守らなければいけません。
その時役所と交わした誓約書がこちらです。

税金の分割納付を約束して数日後、さあどうやって毎月6万6千円の支払いを捻出するかと考えていた矢先、僕の元には改めて役所から封書がきました。
内容は、

『生命保険の差押調書』

分割納付の約束はしましたが、今ある余分資産は強制的に差し押さえをするということです。
もうどうしようもありません。
正直生命保険はまだ加入してからそんなに日が経っていなかったので、強制解約されても5万円ほどにしかならなかったのですが…
やはり『差押』という2文字は強烈です。
税金を滞納したぼくはとうとう差し押さえを実行されてしまったのです。

消費者金融から借金

税金の返済を1年以内に終わらせなければいけなくなったぼくですが、転職したばかりと言うこともあり、どうしても毎月6万6千円を捻出することが難しい。
じゃあどうするか。
借りるしかありません。
ここでぼくは初めて消費者金融から借金をしました。
そしてアコム・アイフル・モビットとちょっとずつ借金を増やしながら1年以内に税金の80万円は完済することができました。
税金は返し、家や給与口座の差し押さえだけは免れましたが、ぼくには18%という高金利の借金だけが残りました。
その後も借金により増える毎月の返済額が家計を圧迫し生活費が苦しくなるたびにクレジットカードのリボ払いなどをし続け、住宅ローン以外の借金はトータルで240万円を超え、住宅ローンの残債1800万円と合わせ借金総額が2000万円を超えることとなりました。

 

現在の返済状況

31歳となった現在。

ぼくの借金の残額は2060万円です。

借金の支払いだけで毎月16万円を捻出しています。

保険会社に転職してから3年を超え、少しずつ収入も増えてきたのですが、まだまだ生活は楽になりません。

夫婦2人で働いているとはいえ、子供3人を抱え食費などの生活費・仕事上で使うガソリン代などの経費も含めると毎月の支払いが50万円を超えることもザラにあり、生活は常にギリギリ。

今でも基本生活費はクレジットカードを使い、支払いが足りなければリボで凌いでいるため借金は増える一方です。

貯金なんかできるわけもなく。

4ヶ月に一度の児童手当も全て生活費にあてる始末。

苦しい生活は続いています。

ただ、実は今回のコロナの影響で特別定額給付金や緊急小口資金、総合生活支援資金など国の制度を利用し、少し生活が安定してきたという事実もあります。

6月には特別定額給付金を使ってアコムの借金を完済することもできました。

 

『国の制度を使っても生活費が苦しい』 
そんな方は無料の借金減額シミュレーションで自分の借金がいくら減るのか診断してみましょう

無料診断

4つの質問に回答するだけ!24時間診断可能!

今後に向けて

現在、子供は全員未就学児のため教育等には大きなお金はかかっていません。

しかしこれから先のことを考えると今の生活状況を続けて行くには無理があります。

生活費ももちろんですが、教育費やその他諸々必要なお金は今以上に増えてくるはずです。

いずれ生活が行き詰まるのは目に見えています。

そこで今ぼくが本気で考えているのが、債務整理です。

債務整理の中でも任意整理をうまく利用できれば、今ある借金を大幅に減らすことも可能になります。

こちらで実際に借金が減るのかをシミュレーションしてみました。

⬇️

【無料診断】借金減額シミュレーションであなたの借金はいくら減る?

 

今すぐには債務整理をしないとしても自分の借金を本当に減らすことができるのか事前に調べておく必要があったからです。

実際にこのシミュレーションでぼくの借金は減らすことができるということはわかりました。

あとはいつ実行に移すかだけです。

近い将来に必ずくる状況を見据えて、いつ行動に移すのか。

それがぼくのこれからの課題です。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました