【体験談】総合支援資金の延長申請をしてきたのでブログで報告

借金返済ブログ
スポンサーリンク

緊急事態宣言も解除されて少しづつ仕事もできるようになっていくのかなと思っていたけど甘かった。

以前の収入にはまだまだ戻りません。

と、そんな時に埼玉県の社会福祉協議会から封書が届きました。

内容は、

総合支援資金の延長貸付についてのお知らせ。

総合支援資金とは?
このコロナ禍で収入が減少している世帯を対象に国が無金利で貸付をする制度です。

ぼくはすでに、緊急小口資金の20万円と総合支援資金の3ヶ月分60万円。

計80万円を国から借入しています。

そして今回新たに総合支援資金の延長を申請してさらに60万円の借入をしようというわけです。

 

先日この総合支援資金の延長申請を行ったのでまとめていきます。

まだ緊急小口資金を申請していない人はこちら⬇️
【収入証明不要】借金あっても大丈夫!緊急小口資金で簡単に20万円借りる方法。【体験談ブログ】

緊急小口資金は申請したけど総合支援資金はまだだよって方はこちら⬇️
【総合支援資金】3ステップで簡単。60万円を無金利で借りる方法【体験談ブログ】

 

今回の手続きや延長申請要件については各都道府県や自治体によってかなり対応がまちまちなようです。申請の際には必ず、ご自身での確認をお願いします。

今回はあくまでぼく自身が実際に申請した過程を書いていきます。

また、延長の申請に当たっては総合支援資金の3回目の貸付を9月末までに受けている人が対象となるとのことなので、残念ながら現状では今から総合支援資金の申請をする人に関しては延長をすることができないということになります。

 

今ある借金がいくら減額できるのか無料で診断してみる▽

4つの質問に答えるだけで簡単! 

2分で完了!匿名OK!

申請に必要な書類は3通

今回の総合支援資金延長の申請に必要な書類は3通あります。

ぼくの場合はいずれも社会福祉協議会から封書で送られてきました。

 

①総合支援資金特例貸付(延長貸付)申込書

②借用書(延長貸付)

③総合支援資金特例貸付 延長貸付にかかる状況確認シート

①②に関しては緊急小口資金の時と総合支援資金の申請の時にも書いているので見慣れた書類だったのですが③の書類は初めてみる書類でした。

この③の書類が今回の延長申請にあたっては肝になってきます。

申請の流れ

1.書類記入

⬇️

2.③の状況確認シートを持って自立支援相談機関に相談。
承認印をもらう。

⬇️

3.①②③の書類をまとめて社会福祉協議会を通して申請。

 

という流れになります。

今までの緊急小口資金や総合支援資金の申請は直接最寄りの社会福祉協議会で申請をしていたのですが、今回の延長申請に関しては社会福祉協議会に申請をする前に『自立支援相談機関』に③の状況確認シートを持参し相談の上、延長申請に値する旨の承認を得なければいけません。

自立支援相談機関とは?
「仕事が見つからない」「家計が厳しい」など、生活に困りごとや不安を抱えている方を対象に、専門の支援員が他の専門機関と連携して解決にむけた支援を行う相談窓口。

この相談機関。
市区町村によってどこにあるかが違うため、相談の際には必ず役所に確認しましょう。
送られてきた延長申請書類の中にもどこに相談すれば良いかは書いてありました。

実際の手続き

まずぼくの場合、自立支援相談機関は住んでいる市の市役所の生活支援課だったのでそこに電話をしてみました。

課の中でもこの延長制度について詳しい人が多くないようで説明に手間取られましたが、必要書類で紹介した③の状況確認シートを記入後それを持って生活支援課まできてくださいとのこと。

実際にその日のうちに窓口にいきました。

どうやら対応できる担当者が1人しかいないようで、窓口でもワチャワチャしましたが無事に担当者と面会。

正直、根掘り葉掘り色々と聞かれるものと思っていたのですが、書類を手渡すと。

『先ほどのお電話の方ですね』

の一言のあと特に内容をみるでもなく、承認のハンコを押してくれました。

なんだか拍子抜けしましたが、まあこちらとしては目的を達成できたのでOKです。
そのあとは、全ての書類を最寄りの社会福祉協議会に郵送で送るだけ。
持参してもいいようなのですが、めんどくさいので郵送で送っちゃいました。
手続きはこれだけです。
自立支援相談機関というワンクッションを挟まなければいけないのでちょっとややこしいですがやってしまえば簡単なものでした。
このワンクッションが本当に必要なのかどうか疑問しかありませんが…
ともかく、これで延長申請自体はできたのであとは入金がされるのを待つだけです。
この延長申請で総合支援資金が入金されればこのコロナ禍でぼくが国から借りたお金はトータル140万円となります。
もちろん無金利なのですが、もしこれを消費者金融から借入していたらと思うと...
考えただけでも恐ろしい!
使える制度をフル活用して早く生活を立て直しましょう!
入金が確認できたらまたこのブログに追記していきます。
□□□
借金で首が回らない、総合支援資金を使っても返済が追いつかない。
そんな人はぜひ、自分の借金が減らせるかどうか無料のシミュレーションで診断してみてください。
匿名でもできるので、身バレの心配もありません!▽

コメント

タイトルとURLをコピーしました