【固定費節約】格安SIMに乗り換えて◯万円の節約に成功!

借金返済ブログ
スポンサーリンク

みなさん格安SIM・格安スマホは使っていますか?

ぼくはこのブログでも節約は固定費の削減から行っていくべき。

その中でも特に通信費(スマホ代)を見直すことは大きな節約効果が見込める。

という話をしてきました。

 

しかし!

 

実はぼく自身まだ大手キャリア(SoftBank)のままだったんです。

口では節約節約と言いながら実際は毎月1万円を超えるスマホ代を払い続けていました。

節約効果があることはわかっているけど、どうしても解約作業や新規の乗り換え先を調べることのめんどくささから、先延ばし先延ばしにしてしまっていたんです。

 

ですが、今回やっと格安SIMへの乗り換えを実行に移したのでまとめていきます。

今回の内容を動画でサクッとみてみる⬇️

生活費の節約はスマホから

 

まず、節約については生活費を変動費と固定費に分け、固定費を見直していくと節約効果が大きいと言われています。

 

詳しくはこちら⬇️
▶️【借金完済】生活費を効率よく節約する3つのコツ

 

その固定費の中でも知らず知らずのうちにムダなお金を払ってしまっているのがスマホ代です。

特に大手キャリア

docomo

au

SoftBank

は、大手なりの充実した保証やサービスが魅力なのですがその反面、月々の料金が高くなってしまうというデメリットがあります。

 

MVNOとは?

そこで最近注目されているのが格安SIM・格安スマホを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)の存在です。

MVNOが何かを簡単に説明すると、

 

携帯電話の通信設備を自社で持たず大手キャリア(docomo・au・SoftBank)から通信設備を借り、独自のサービスを加えて提供している事業者のことを言います。

 

つまり通信設備を自社で設置する必要がないため、大手キャリアよりも通信費を安く提供することができるんです。

しかし、いくら安くなるとはいえ、MVNOにもデメリットはあります。

よく言われているのが、

 

大手キャリアよりも通信速度が遅い。

キャリアのメールアドレスが使えなくなる。

 

と言ったところでしょうか。

ただし、通信速度が遅くなるとはいえ一般的に動画をみたりネット検索をしたりするには全く支障がない程度です。

また、キャリアのメールを常日頃から使っている人も現在そう多くはないんじゃないでしょうか。

つまり、生活費の節約をしたいと思っていて普段からスマホをごく一般的な使い方をしている人にとって格安SIM・格安スマホに乗り換えることは値段が安くなるメリット以上のデメリットが見つからないというのが本当のところです。

 

 

いくら安くなるのか?

じゃあいくらくらい安くなるのか?

というところなんですが、毎月のスマホにかかってくる料金が1万円前後の人であれば半分。場合によっては3分の1くらい月々の料金が安くなります。

毎月5千円浮くと思っただけでもかなりの節約ですよね。

年間で6万円です。

旅行代くらいはこれでまかなえちゃいます。

 

どこを選べばいいか迷う!

よし、格安スマホに替えよう!

そう決意して調べてみると格安SIM・格安スマホを提供している業者の多いことに驚かされます。

聞いたことがあるところから初めて聞くようなところまでたくさんあってどこを選べばいいかわからない。

ぼくもそうでした。

でも、実際どこを選んでも大差はありません。

細かくみていくと料金やサービスに多少の違いはあるのですが、総じて大手キャリアよりは月々の支払いは安くなります。

 

UQモバイルを選んだ理由

今回ぼくは数ある格安スマホ会社の中でもUQモバイルを選択しました。

正直、大きな理由はありません。

大手キャリアよりは通信速度が遅い中、UQモバイルは比較的早いと言われているというのも一つありますが、通信速度を数字で見せられても正直よくわかりません。

通信速度は通信をする場所によっても変わってきますし、実際にぼくの使う環境でその速度が出るのかどうかも疑わしいところです。

なので、今回は多くの方がお勧めしていたUQモバイルを選ぶことにしました。

総務省が発表している国内のMVNO事業者数は2019年9月時点で1060社にのぼると言われています。(今はもっと増えてるかも)

この数を全て比較検討するのはかなり大変です。

ぼくの今回の目的は、ある程度普通にスマホを使えた上で今よりも月々のスマホ代を安くすることだったため、これでOKです。

探せばもっと月々の料金が安い業者もあるのですが、、、。

ちなみに大手キャリアでは解約時期の縛りや解約するときの違約金等がかかりますが、格安スマホや格安SIMの契約の多くは2年しばりなどの縛りがなく、解約の際に違約金の支払いがなく乗り換えをすることができます。

自分には合わないと思ったらいつでも好きな時に乗り換えることができるのもメリットですね。

 

実際にいくら節約できたのか?

大手キャリア(SoftBank)から格安SIM(UQモバイル)に乗り換えをすることで実際にぼくの場合いくらの節約になったのか?

 

まず、ぼくの直近3ヶ月のスマホ代ですが

4月11,643円

5月11,124円

6月10,830円

で3ヶ月の平均が11,199円でした。

 

そして今回契約をしたUQモバイルですが月々10GBのプランで

基本料 3,278円

10分かけ放題のオプション 770円

で月々が4,048

となりました。

月々7,151円の節約です。

年間にすると85,812 ものお金を節約することができました!

 

今まで無意識に支払い続けていた8万円を簡単に浮かすことができたわけです。

 

8万円あったら何に使いますか?

貯蓄や投資の元手にしてもいいですし、旅行にだって余裕で行けちゃいますね。

もっともぼくの場合は完全に借金の返済に回す予定です。

 

通信速度などまだ乗り換えたばかりなのでこれからわかってくることも多いと思いますが、とりあえず3日ほど使った感想としては、SoftBank時代と全く遜色なく使用することができています。(2020.7月現在)

 

こんな簡単に8万円ものお金を節約できるなんて、今までめんどくさがっていた自分は本当にバカでした。

 

まとめ

今回ぼくは大手キャリアから格安SIMに乗り換えることで年間8万円の節約をすることができたわけですが、それぞれの状況により節約できる度合いは変わってきます。

ただ大事なのはこういう事実を知っている人と知らない人とでは大きな差が出てしまうということです。

仮にぼくがこの事実を知らず、もしくは知っていても行動せずに5年が経過したとすると、、、

 

8万円✖️5年=40万円

 

5年間で40万円ものお金をムダに支払い続けていたことになります。

 

改めて、

無知とフットワークの重さは罪ですね。

 

□□□

 

借金減額シミュレーションはこちら
▶️【無料診断】借金減額シミュレーションであなたの借金はいくら減る?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました